ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

本当の自分とは何か

スズキです。

「自分」ってなんですか?

名前、職業、コミュニティ、そういったものが「自分」を作っているのか
 
これが「自分」だ!!というものが無いのは大きな問題で、自分が自分であるために確固たるものがほしいです。
ちなみに答えが出ているものではないので、教えてほしいんですけどね。
 
 
結婚すると苗字が変わったり、申し立てをすれば「名」も変えることができます。
じゃあ名前が変わったら、あなたはあなたでなくなるのか、自分は新しい自分になるのか。
気分的には、心機一転頑張ろうだったり、新しい生活にドキドキだったりするけれど、それが直接「自分」とは関係なくなるわけじゃない。
 
他にも自己紹介するときは、「○○自動車のスズキです」とか「○○商事のスズキです」とか「○○大学のスズキです」とか。
そうやって表現することが多いですが、それは「自分」とは関係の薄いものです。
そこに所属しているだけのことで、会社も学校も辞めてしまえばフリーになってしまう。
 
他に自分を表してくれるものってなんだろうか。
好きなコトとか、趣味とか、そういったもの??
生まれてから死ぬまで、趣味が自分を表してくれるとは思えない。
 
「自分」という一番身近な存在を、どれだけ理解しているかというのも気になります。
ストレングスファインダーなとで、自分の内面を見つめてみたりするものの、10年後には全く別の思考になっているかもしれない。
 
 
最近「サイグラム」というものを教えてもらった。
生年月日から判断し、12パターンのどこかに振り分けてくれる。
生まれた日、生年月日は死ぬまで変わらないけれど、それは過去の事実を数値化しただけでしかない。
それが「自分」と結び付くとしたら、過去の色々が全て「自分」となってしまう。
ということは「自分」とは、「過去」なのか
 
 

過去だとしたら、過去の捉え方が変わる

もし「自分」が「過去」だとしたら「過去を忘れ去ろう」としている人は「自分を消してしまおう」としていること。
気持ちをリセットして、新しい一歩を踏み出そうとしているときは、自分を作り直しているということ??
 
難しいですね、こういった考え方。
哲学的な内容なのか、不毛な考えなのか、自分という存在がときどきボヤけてしまうんです。
 
承認欲求とか、そういうのじゃないと思うだけれど。
職場でもプライベートでも、ちゃんとスズキはスズキとして認めてもらってるし。
家族や友人からイジメられたり、嫌がらせをうけたりしたわけじゃない。
 
死ぬときまでにこの答えは出てくるのだろうか。
自分探しの旅をするわけじゃないけれど、自分という存在、自分というものは不思議。
 
何に紐付いているのか、気になって気になって毎日こういったことで悩む。
そうやって考えていくうちに、どこかに答えが落ちていることと信じよう。
その答えを拾い上げるくらいの解像度を日常で準備して。
早く「自分」が知りたい。
 

 

サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド

サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド

 

 

広告を非表示にする