ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

岩下修先生に学ぶ作文の書き方(前)

こんばんわ、スズキです。

僕はブログを書いています。

文章を書くのが楽しいから。

 

 

とまぁ、こんな気分ですが、いまいち組み立て方が分からない。

というわけで、超有名な国語の先生に作文の書き方を習ってきたんです。

有名だけど、普通の国語の先生です、小学校の国語の先生なんですよね。

いつもは小学生相手に作文指導をしている先生ですが、今回は大人向けに。

でも書き方は小学生と同じように。

 

 

まず、だまってやれ!

書き方講座の前に教えてもらったのは「まず書きなさい」ということ。

「思い浮かばなくてもいい、書くことが決まってなくてもいい、まず書きなさい」

と言われた。

 

今思っていることや、最近思ったこと、楽しかったこと、感動したこと。

そういったものを「まず書く」こと。

初めからキレイな作文を書こうとしないこと。

 

とりあえず、鉛筆を持って書いてみる。

そうすれば、少しずつ書けるようになるとのことでした。

 

 

とにかく書け

頭で考えているうちはダメなんですね。

何でも目に見えるような形にしないと。

そうすれば、それに関連するものが少しずつ結びついてくる。

そうやって範囲を広げていけば、それが作文になるということです。

 

「書け」というのも、まず最初の1文や、キッカケを書いてみようということ。

作文を書くテクニックの前に「まず書こう」ということを教えてもらいましたね。

 

自分の好きなことをキッカケにすれば、どんどんペンが進むはず。

小学5年生の作文を例に出して教えて頂きました。

 

電車が好きな小学生が書いた作文。

「いつか乗りたいE5系と500系」という作文だ。

 

電車好きな男の子とが書いているその作文。

とても引き込まれるものがあった。

 

 

「いつか乗りたいE5系と500系」

 

 ぼくは鉄道が好きだ。其の中でも特に新幹線が好きだ。では、ぼくの好きな新幹線車両を二両あげる。 

 

 一両目は、主に東北地方で「はやぶさ」として使われているE5系だ。緑に赤色のラインが入ったE5系。それは、鉄道が好きでなくてもかっこいいと思うだろう。そして何よりすごいと思うのは最高時速だ。三百二十キロ。初代新幹線0系は二百二十キロ。今主力のN700系でさえ三百キロだ。これでE5系の早さがわかるだろう。

 

 もう一つは500系だ。カワセミのようなノーズをもった500系。そして丸みをおびたボディ。日本で初めて、いや世界で始めて時速三百キロを出したのはこの車両だ。いまでこそTGVにぬかされてしまったが、車両高速化の火付け役は500系だろう。

 

 二両とも京都駅で見ることができない車両だ。この二両に、いつかのってみたいと思う。

 

岩下先生が教えているのは京都の小学校。

だから、最後に京都駅と出てくるが。

 

情景が浮かぶし、ワクワク感も伝わるし、こんな素直な文章が書けたらなぁと思ったわけだ。

 

この書き方をマスターしたいと思うわけだが、さてどうやって書くのか。

ということは、次回お伝えしようと思う。

 

 

岩下修の国語授業 書けない子をゼロにする作文指導の型と技

岩下修の国語授業 書けない子をゼロにする作文指導の型と技

 

 

AさせたいならBと言え (教育新書)

AさせたいならBと言え (教育新書)

 

 

広告を非表示にする