ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ペン先と紙のマリアージュ。万年筆とノートの話。

一年くらい前だったか、僕は万年筆を使うようになった。

PILOTのkakuno、これが僕の相棒。

キャップ付き、少し太めのペン先、好きな色。

そして何より安い、お手頃価格。

 

その時から万年筆にハマった。

というより、手軽なkakunoにハマった。

 

最近、ブログ仲間のゆきらい氏がこんな記事を書いていた。

 

yukirai.com

 

 

やっぱり万年筆は最高だ。

 

いやいや、ちょっと待てよ。

万年筆を使うようになってから、気になることがある。

それは「紙」との相性。

KOKUYOのノートを使っていた。

リングノートでお気に入りだ。

ボールペンで書いているときは、このノートでちょうどいい。

 

万年筆になると、万年筆に慣れてくると、これじゃ満足できなくなる。

でたでた、意識高い系の考え。

今よりもいいものが欲しくなったり、ハイクラスなものを買おうとする。

 

これはいかんと思いながら。

「そういえば先輩がオススメしてくれたノートは相性がよかったな。

と思い出す。

途中まで使っていて、机の中にしまってあったノート。

 

ああ、僕が探していたノートはこれかもしれない。

サラサラ、ペンが滑るように走っていく。

ペン先が引っかからないノート、というか紙、書き心地が抜群。

程よく光沢があり、それでありながら万年筆のインクを吸ってくれる。

 

ペン先の軌跡が、インクの濃淡で表されている。

ああ、このノートが一番、この紙が一番だ。

 

ペン先と紙のマリアージュ。

ますますペンが進む。

 

が、難点が一つ。

実はA5サイズのノート。

仕事で手帳代わりに使うのはいいが、普段使いには些か小さい。

 

というわけで、アマゾンでA4サイズを

紳士なノートですよー。

 

アピカ プレミアムCDノート CDS150S 5ミリ方眼 A4

アピカ プレミアムCDノート CDS150S 5ミリ方眼 A4

 

 

1冊1,000円するけれども、それでも買ってしまう書き心地。

もちろんA5サイズもあります。

 

アピカ プレミアムCDノート CDS90S 5ミリ方眼罫 A5

アピカ プレミアムCDノート CDS90S 5ミリ方眼罫 A5

 

 

  ペンが滑る、よく滑る。

こんなに素敵なノートに出会うなんて。

 

パソコンで入力する、スマホで書くこともいいけれど、やっぱり指先を使いたい。

手を使って、ノートに書いていきたいと思うのだ。

 

 

番外編

併せて、エナージェルというボールペンを買ってみた。

クリハラタケシさんにご紹介いただいたペン。

 

 

文房具大好きっこには、たまらない商品です。

 

 

 

 

こうやって、ちょっといいものを揃えて、どんどん書いていきたい。

どんどん色々と書きたいんだよね。

ノートだけでなく、手紙や葉書や絵とかも。

 

書くこと、どんどん書いていきたい。

 

 過去記事紹介

hatena.aco-gale.com

 

広告を非表示にする