ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「普通」ということをを主張する普通のコーヒー。

こんにちは、スズキです。

名古屋市の中心地にエンゼルパークという有料地下駐車場があります。

その中にひっそりと佇む「カフェ・ファゼンダ」

コーヒーショップのチェーン店です。

地下鉄名城線「矢場町駅」より5・6番出口方面に向かうと右手に。

 

地下鉄に乗る前にコーヒーでも飲みたくなってしまって。

本当は缶コーヒーでもよかったんです。

そのお店の前に「テイクアウトOK」って書いてあったから。

 

お店に入ると、意外と空いていた。

大きめの席でもいいとのことで、店内でのんびりしていくことにした。

 

そこで飲んだコーヒーのこと。

エメラルドマウンテン(500円)を注文。

ハンドドリップで煎れてくれるコーヒーだそうで、普通のコーヒー(330円)より、少しお高め。

特に深く考えもせず注文したこのコーヒーが「心地よかった」という話。

 

f:id:acogale:20160922171614j:image

 

喫茶店で、コーヒーについてそんなに考えることは少ない。

しょうが無くコーヒーを飲んでいることもあるからだ。

旨い、不味いで言えば、紅茶のほうが振れ幅が大きいと思っている。

だから、コーヒーだと無難。

とりあえず、我慢できる味で出てくる。

だからコーヒーを頼む。

 

特にコーヒーに拘っている店でなければ、出てくるのは普通のコーヒー。

可も無く不可も無いコーヒー。

おいしさのレベルで言うと「普通」

今までの経験だと、おいしさというのは、

  1. 旨い!!
  2. まずい、、、
  3. 旨いわけじゃない、まずいわけじゃない

の3種類に分かれていた。

3番がいわゆる「普通」な味だ。

 

3番には主張がない、旨いと不味いからモレたモノが3番にしょうがなくいるだけ。

だから「普通の味」について深く考えなかった。

だって、ニュートラルで、何も感じなかったから。

 

それが今日、カフェ・ファゼンダで出会ったコーヒーは違ったのだ。

 

ニュートラル、普通だということを、強く主張してくれるコーヒーだった。

「僕は初めから普通なんですよ!!!」と主張していてくれる。

 

驚きの旨い!!!ではないのだが、脇役の様な存在で、それがすごく際立っていて。

目立った特徴があるわけでもなく、よくあるコーヒーの味。

ただ、そのよくある味を、ストレートに表現してくれるような真っ直ぐな味だった。

 

日常においても「普通」という言葉を使うとき、当たり障りがなく、どちらにも振れていないようなことを指すことがある。

それは、右にも左にも振れていないのか、真っ直ぐど真ん中を突っ走っているのか。

それによって、「普通」の感覚が大きく異なるのだ。

 

「普通」を突き進める人は、普通では無いと思う。

僕の中で生まれた「普通」のパラドックス。

あえて普通という道を選ぶのも、楽しいモノなのだろう。

 

そんな「普通」のコーヒーを飲み干してしまったから、調子に乗って2杯目を頼む。

こんな昼下がりも悪くない。

 

 

広告を非表示にする