ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

当たり前だけど不思議なこと

こんばんは、スズキです。

世の中には当たり前だけど、不思議なことがたくさんあります。

 

どうして夜の挨拶は「こんばんわ」なのか。

なーんて、どうでもいいようなことから。

どうして飛行機は空を飛ぶのか。

などなど、当たり前だけど不思議なことがたくさんあります。

 

回転寿司は、どうして回っているのでしょうか。

どうして回転寿司はリーズナブルなお店があるのでしょうか。

 

寿司が回転している必要って無いんですよ、たぶん。

でも、世の中には回転寿司屋さんがたくさんあるんですよね。

 

寿司のネタで言えば「タコ」

日本人は平気で食べますけど、諸外国の人からしたら、、、、

と噂では聞きます。

 

当たり前って、どういうことなんでしょうね。

 

 

どこかで、当たり前じゃないことが起きます。

それが発明なんだと思うわけです。

例えば掃除機。

掃除機が発明される前はどうやって掃除していたのでしょう。

 

僕の予想ですが、ホウキやチリトリ、雑巾で掃除していたと思います。

どうですか、掃除機って。

全く違うものが生まれました。

目的は「キレイにすること」かもしれないですが、あまりにも仕組みが違います。

 

自転車とバイクは、つながりが見えますよね。

より速く走れるようにしたもの。

 

でも、ホウキとチリトリ、雑巾は、どう頑張っても掃除機とつながらない。

というほど、全く別のモノになってしまいました。

 

 

と、まぁ、何が言いたいわけではないですが。

当たり前のことを、当たり前だと思わないような気持ちが必要というわけで。

 

朝になったら日が昇り、夜になったら日が沈む。

これが極地に近づけば近づくほど、日が沈まなくなり、日が昇らない。

そんな季節がある。

 

当たり前のことを、当たり前だと認識し、それは当たり前じゃないと認識すること。

 

僕は、これこそが、当たり前だと思うのだけれど、それが当たり前にできないから悩んでいるわけで。

 

堂々巡りになりそうですね。

 

当たり前のように朝起きて、

当たり前のように身支度をし

当たり前のように仕事に行く

当たり前のようにバスがきて

当たり前のように電車に乗り

当たり前のように仕事があって

当たり前のように昼休みの時間に

 

毎日が当たり前過ぎて、感動も驚きもないけれど。

その当たり前な日常そのものが、驚きで感動なわけです。

 

子供のころ、もっともっと小さいころ。

いろんなことに疑問を持ち、いろんなことが知りたかった。

「あれって何??」「これって何??」

そんなことだらけだった。

 

今となっては、頭で理解し、本で仕入れた知識を盾に。

そんなことは「当たり前だ」と思ってしまう。

それでいいのかなぁってね。

 

僕に必要なのは「はてな」かもしれない。

もっと「はてな」を頭に浮かべて、生きていこうと感じるわけです。

 

COWCOW あたりまえ体操(DVD+CD)

COWCOW あたりまえ体操(DVD+CD)

 

 

広告を非表示にする