ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

インターネットを始めた15の夜から16年が経った。今でも思い出す友人の名前。

 こんにちは、スズキです。

 

新しくHDDを購入したので、パソコンのデータを整理していました。

過去の写真、メール、資料。

どっさりと残っていました。

 

中学生のころのデータもたくさんあったりで。

もう16年も経ってしまったんですね。

 

16年経ったとしても、記憶に残っている人が何人もいます。

 

インターネットがまだ普及していない時代。

買ってもらったパソコンはウインドウズ98でした。

モデムボードというのを取り付けて、ピーガラガラガラとインターネットをしていました。

 

今では名前も変わってしまったDIONというプロバイダを契約し、メル友作りに勤しんでいました。

昼間の時間は、基本使用料無料、接続料も無料のフリージャパンというプロバイダを使いながら。

もちろん、アクセスポイントまでの料金はかかりましたけど。

市内だったので3分10円でしたね(当時)。

 

56kbsという今では考えられないほど遅い回線速度でネットをしていました。

あるときはIDO(今のau)の携帯電話を繋ぎ、パケット通信をしていたこともあります。

メッセンジャーアプリだけだったので、通信容量が少なくパケ死することもなかったですね。

 

 

そんな時代でしたが、地元エリアにはケーブルテレビが引かれ、ようやくブロードバンドデビュー。

それでも10Mbpsのベストエフォートでしたね。

 

ケーブルテレビが繋がってからは、パソコンが僕の友達になったわけです。

パソコンの向こう側には、会ったこともないけど、仲良くしてくれた仲間が何人もいました。

 

Yahoo!チャットで歌ってみたり、MSNメッセンジャーでカメラ配信してみたり。

それなりに楽しい時代だったと思っています。

 

そんなことを考えていると、何人か思い浮かぶ名前の人がいるんですね。

10年以上も前のこと。

当時は中学生や高校生だった仲間も、もういい年齢になっていることでしょう。

 

会ったこともないけれど、名前や当時の顔、様子を覚えている。

僕にとっては大事な時期だったんだと思います。

 

今ほどネットが普及していない時代。

今ほど当たり前のようにインターネットが無い時代。

 

ちょっと後ろめたさもありながら、そういう仲間と付き合っていました。

今よりも、うんとハードルが高かった。

だからこそ、僕の思いでに深く刻まれているのでしょうか。

 

思い出しただけで30人ほどいるチャット仲間。

今も元気に過ごしていることを期待して。

 

16年も前のメールアドレス。

送ったら返事がくるんでしょうか。

そっと心に閉まっておくのも粋なのかもしれません。

f:id:acogale:20170130231443j:plain

 

広告を非表示にする